greeen

環境取組支援情報

環境取組技術支援セミナー

環境の保全を推進する協定協議会では、市内中小企業の環境取組を支援するため、平成24年度から「環境取組技術支援セミナー」を開催しています。 ここでは、セミナーで発表いただいた企業の事例を紹介しています。

平成24年度【平成24年11月7日開催】

事例 1 机の集約と仕切り設置による省エネ対策 他
トリニティ工業㈱ 机の配置の工夫と業務エリアを最小限にすることで、大きな設備投資をすることなく、省エネ対策を行った事例です。 詳細
事例 2 環境異常・苦情未然防止の取組
中央精機㈱ 異常・苦情未然防止ワーキンググループを立ち上げ、監視の強化、仕組みの改善、人の教育等について改善し、社内全体の連携を強化した事例です。 詳細
事例 3 プラマックの環境活動 他
プラマック㈱ 自社で取り組まれた省エネ活動や産業廃棄物を低減した事例を多数掲載しています。短期間でCO2排出量、電気購入量、廃棄物排出量が大幅に低減しています。 詳細

平成25年度【平成26年2月5日開催】

事例発表 電力デマンド監視システム導入実証実験(※)の結果について
テクノハマ㈱ 今年度4月から取り組んだ実験結果、良かった点、苦労した点など発表いただきました。 詳細
講演 省エネ・節電のすすめ方と具体的な方策
一財)省エネルギーセンター 省エネルギーセンターでは、30年以上にわたり、省エネ推進に携わり、産業、ビル、家庭、地域など、それぞれの分野のニーズに応じた手法を、分かりやすく情報発信しています。また、中小企業等の省エネ・節電の推進をサポートするため、「省エネ・節電説明会講師派遣」サービスや「省エネ診断」、「節電診断」のサービスを無料で行っております。今回は、「省エネ・節電のすすめ方と具体的な方策」と題し、ご講演いただきました。
講演資料は、省略します。

平成26年度【平成26年12月18日開催】

講演 中長期ビジョン策定の背景と今後の展望
㈱東芝 ㈱東芝環境推進室長 実平喜好様をお招きし、今後の企業系に不可欠といわれる環境経営を最前線で推進している㈱東芝の、将来を見据えた環境経営のあり方について、中長期ビジョン策定を基に講演いただきました。「環境経営に対する会社としての姿勢や考え方、理論を固めた目標設定など、社内の環境目標策定の参考にしたい」など、参加者から高い評価の感想が寄せられました。
講演資料は、省略します。